菊水ふなぐち

 


菊水ふなぐち

ほとばしる旨さ、濃厚な味わい、しぼりたての生原酒。

日本初の生原酒缶として昭和47年の発売以来、毎日の晩酌はもちろん旅行や山登りといったアウトドアまで、いつでもどんな場所でも楽しめるお酒として皆様に愛されてきました。フレッシュな果実のような香り、コクのあるしっかりとした旨みが織りなす豊かな味わいをどうぞお楽しみください。

[ 商品の特徴 ]
●本醸造 生原酒 ●コクのある旨口 ●精米歩合70% ●アルコール19度●新潟県産米100%使用

【11月27日18:30公開】ふなぐち発売50周年記念日認定!特別対談

関連ニュース

【11月27日18:30公開】ふなぐち発売50周年記念日認定!特別対談

...

このニュースへ

菊水通信21号公開しました

関連ニュース

菊水通信21号公開しました

日本酒醸造・発酵食品製造のモノ造り、日本酒の歴史、文化、愉しみ方等を様々にお伝えするコト造り。...

このニュースへ

『菊水ふなぐち』デザインリニューアルのお知らせ

関連ニュース

『菊水ふなぐち』デザインリニューアルのお知らせ

...

このニュースへ

肴この一品

材料(2人分)

●鶏もも肉(骨付き)…600g
●塩…大さじ1
●ふなぐち…150ml
●鶏の蒸し汁…150ml
●飾り…木の芽、キュウリスライス
  1. 鶏肉に塩をすりこみ4~6時間置く。
  2. 鶏肉を深めの耐熱皿にのせ、蒸し器で約15分強火で蒸す。
  3. 蒸し上がったら、鶏の蒸し汁を漉してボウルで冷やし、ふなぐちを加えて混ぜ合わせる。
  4. フタをして冷蔵庫で1日おく。

材料(2人分)

●ホタテ貝柱…3個
●みつば…適量
●玉ねぎ…中1/2個
●薄力粉…1カップ
●冷水…150ml
●卵黄…1/2個分
●塩…適量
●山椒塩…(山椒の粉と塩を各適量合わせたもの)
  1. ボウルに卵黄と水をよく混ぜ合わせる。片寄で薄力粉を入れ、箸で粗く溶かす。
  2. みつばを3cm幅に切る。玉ねぎは薄いくし型に切る。
  3. 2とほぐした帆立貝を入れ、1人前ずつ小ボウルに衣を入れ、混ぜる。
  4. 揚げ油を170度に熱し、さっくりと揚げる。熱いうちに塩を振る。山椒塩を添える。

無料会員募集中無料会員募集中 ふなぐち倶楽部