薫香ふなぐち菊水一番しぼり

生原酒に酒粕焼酎の香り。 薫香 くんこう ふなぐち菊水一番しぼり

とっておきの贅沢な味わい。

菊水の蔵人がひそかな愉しみとして嗜んでいた酒粕から、香り高い焼酎を造り、醸造アルコールの代わりに加えて醸しました。江戸時代に普及していた「柱焼酎仕込み」に近い製造方法。
生原酒ふなぐちの濃厚な風味はそのままに、深みある華やかな香りもお愉しみいただけます。

それまでは、酒蔵に来ていただいた方だけに特別に振る舞っていました。
その旨さは、おかわりを求められ、評判を聞きつけた人が後を絶たなかったほど。デリケートな酒のため、市場への出荷は困難と言われていましたが、幾多の試行錯誤を経て、昭和47年(1972年)11月、日本初の生原酒缶として商品化に成功。開発から3年の歳月が経っていました。

酒そのものの味を守るために。

火をいっさいあてず、調合もしない生原酒は驚くほどデリケートです。
菊水は、しぼりたて感やフレッシュ感をそのままお届けするため、酒造りの技術から見直しました。そして、紫外線を嫌う性質から守るため、瓶ではなく、敢えて遮光性に優れたアルミ缶を採用。酒蔵でしか飲めなかった、酒そのものの味が、広くたくさんの方々に愉しんでいただけるようになりました。

即席カップ麺やハンバーガー店と同世代。

生酒がもてはやされるようになって久しくなりますが、その口火を切ったのが「ふなぐち」です。
即席カップ麺の元祖やハンバーガーファーストフード店の先駆けが日本1号店を誕生させたのに遅れること1年。昭和47年(1972年)、生原酒を日本で初めて缶に詰めて商品化しました。ロングセラー商品で、累計2億4000万本もの販売実績があります。

※ふなぐち菊水一番しぼり200ml缶のみの総出荷量。

「ふなぐち菊水」の宣伝カー(1973年)

越後湯沢温泉で「ふなぐち菊水」を宣伝(1972年)

薫香ふなぐち菊水一番しぼり

酒粕焼酎の香りと生原酒の深いコク、新しい「ふなぐち」の誕生です。

金色の「ふなぐち」の原材料である醸造アルコールの代わりに、菊水の「酒粕焼酎」を加えて醸しました。生原酒ふなぐちの濃厚な風味はそのままに、深みのある華やかな香りをお楽しみいただけます。

[ 商品の特徴 ]
●普通酒 ●コクのある旨口 ●精米歩合70% ●アルコール19度

  • 200ml缶

容量 参考小売価格(税別)
200ml缶 457円

[味わいマップ]

[飲み頃温度]

この商品を購入する

肴この一品
濃厚な旨みの薫香ふなぐちは、独特のコクのある珍味とよく合います。練りウニと合わせると互いの風味が存分に引き出されます。

無料会員募集中無料会員募集中 ふなぐち倶楽部