菊水の辛口

1978年、世の辛口ブームに先駆けて誕生した「菊水の辛口」。戦後から高度成長期、濃い味付けの料理が多く、甘口の酒が主流であった当時、食生活の急速な多様化を見据え、菊水はこれから求められる味わいの開発に着手します。それは、冴えた辛口の中に、しっかりとした旨味があり、どんな味わいの料理も引き立てる飲み飽きしない食中酒。構想から3年を経て、甘口全盛期の時代に「菊水の辛口」が誕生しました。

食の嗜好の広がりを読み世に送り出した「菊水の辛口」は、食事とともに味わう酒として設計されました。あっさりしたお料理は穏やかにまとまり、濃いめの味付けにはその味わいを際立たせる。口にする度に感動するものではないにしろ、三食続いても決して飽きることがない。それはまるで白米、ご飯のような存在ともいえます。夏は冷やして冬は燗でと飲み方を変え、あらゆる料理によく馴染む懐の深い一本です。

家呑みや赤ちょうちん、高級料亭でも、場所や料理にこだわらず、どんな時も楽しめる。それこそが日常酒の真髄というもの。だからこそ、変わらぬ味を守りながらも、時代とともにカタチを変えてどんなシーンにも応えます。「いつもそこにあって、やっぱり旨い」。その安心感があるからこそ、そっとくらしの傍らに寄り添うことができるのです。

原料米は米どころ新潟の良質なお米を100%使用し、磨きをあえて7割にとどめて米の旨味を余すところなく活かしています。
火入れはしぼった後の一度きり。生のまま容器に詰める生詰製法で、熟成による旨みがのった豊かな風味を封じながら、蔵出しのフレッシュで軽快な味わいをお届けします。

菊水の「生詰」とは

独自の技術により熟成による味わいがのった風味をそのまま密封する製法です。出荷前の火入れ(加熱処理)をあえて行わないことで、フレッシュかつ軽快な風味としっかりとした旨みを併せ持つのが特徴です。

菊水の辛口

辛口派の座右の酒。きりりと冴えわたる辛さに、飲みごたえのある旨みが立ちのぼる。

その名の通り、キリリと引き締まった味わいが堪能できる一本。冴えた辛さのなかにしっかりと旨味がのっており、冬は燗で、夏は冷やでと季節に合わせて幅広くお楽しみいただけます。

[ 商品の特徴 ]
●本醸造 ●すっきりとした辛口 ●精米歩合70% ●アルコール15度

  • 1,800ml

  • 720ml

  • 300ml

  • 180ml缶

  • 1,500mlスマートパウチ

容量 参考小売価格(税別)
180ml缶 240円
300ml 355円
720ml 842円
1,500mlスマートパウチ 1,725円
1,800ml 1,868円

[味わいマップ]

[飲み頃温度]

肴この一品
キレが良く、冷やでも燗にしても楽しめる菊水の辛口は、どんな料理にも合うお酒です。なかでもきんぴらなど、素朴な味の家庭料理との相性が良く、飽きることなく楽しめます。

無料会員募集中無料会員募集中 ふなぐち倶楽部