節五郎 出品酒

年に一度、日本中の酒蔵がその年の頂点を目指して競い合う「全国新酒鑑評会」。 1911年(明治44年)にスタートし、現在は酒類総合研究所(旧・国税庁醸造研究所)と日本酒造組合中央会の共催で行われています。地域単位や各組合などが主催する鑑評会はありますが、全国規模の鑑評会はここだけ。歴史と伝統と格式ある「日本酒のコンクール」です。

節五郎 出品酒

“次の一口をまた飲みたい”
そう感じさせる菊水自信の一本です。

「全国新酒鑑評会」への出品を目指して醸された大吟醸酒です。大吟醸らしい華やかな香りが広がり、ふくよかさと綺麗で締まりのある後味をお楽しみいただけます。

[ 商品の特徴 ]
●大吟醸・原酒 ●精米歩合40% ●華やかな吟醸香、上品でふくらみのある味わい ●アルコール18度

[ 販売について ]
全国の酒販店、百貨店
(※数量限定商品のため、一部販売店様でお取り扱いのない場合がございます。)

  • 720ml

容量 参考小売価格(税別)
720ml 2,700円

[味わいマップ]

[飲み頃温度]

この商品を購入する

節五郎とは

酒を知るひと、酒を遊ぶ。 節五郎

節五郎。それは明治の初頭、弱冠16歳で造り酒屋を志した菊水酒造、創始者の名。何よりも「ひとに喜ばれる日本酒造り」を追い求め、進取の挑戦を繰り返したという若き日の初代の心意気を受け継いで。これまでにない、ほかにはない、冒険と遊び心から生まれた酒たちに、菊水は「節五郎」の名を冠しています。この蔵が、ずっと、ひとを笑顔にする蔵であるために。節五郎はこれからも愉しい酒、喜びのある酒を、次々と。

< 節五郎ブランドサイトへ

その他の節五郎シリーズ

無料会員募集中無料会員募集中 ふなぐち倶楽部