純米大吟醸原酒 酒米菊水

幻の酒米「菊水」

幻の酒米「菊水」で醸した純米大吟醸原酒。酒米「菊水」は名酒米「雄町」を親に持ち、優れた酒造適性ながらも1945年には一度姿を消した品種。それから50年の時を経て、わずか二五粒だけ残っていた種籾から、見事に復活を遂げました。

酒米「菊水」は、古くから名酒米として知られる「雄町」を片親に、昭和12年(1937年)に誕生しました。たちまち『品質は雄町に勝るとも劣らない理想的な酒米』との評価が全国の農業関係者に広がります。とりわけ高い関心を示した新潟県農業試験場が、この酒米「菊水」を母親として改良に改良を重ね、代表的な酒米のひとつ「五百万石」や「越淡麗」を誕生させました。

  • 酒米菊水
  • コシヒカリ

酒米「菊水」は、食用米や他の酒米と比較して粒が非常に大きいことが特徴です。またタンパク質の含有量が低いため、雑味の少ない綺麗な酒を醸すことができます。

原酒ならではの芳醇な味わい

酒米「菊水」、飯豊連峰に源を発する清らかな水、そして菊水の酒造りの技。醸し出された自信の一本は、爽やかなリンゴのような香りと原酒ならではの芳醇な味わいがお楽しみいただけます。

純米大吟醸原酒 酒米菊水

「菊水」でしか出せない風味

ひとたび口にすれば、洗練された奥深い香りとまろやかな米の旨みが心地よく喉を通っていきます。他の酒米では出せない、繊細な味わい。「純米大吟醸」の名前以上の、酒米がここにあります。

[ 商品の特徴 ]
●純米大吟醸原酒 ●爽やかなリンゴのような香り、芳醇な味わい ●精米歩合40% ●アルコール17度

  • 720ml

  • 1,800ml

容量 参考小売価格(税別)
720ml 5,000円
1,800ml 10,000円

[味わいマップ]

[飲み頃温度]

無料会員募集中無料会員募集中 ふなぐち倶楽部