おいしい燗酒の作り方

おいしい燗酒の作り方

日本酒はいろいろな温度で愉しめますが、「やっぱり燗酒でしょ」と言う方も少なくありません。 しかし、家でお燗をすると「お店の燗酒のようにはいかないなぁ」との声が…。 そこで、ここでは菊水がお薦めする、ご自宅でも簡単にできる「おいしい燗酒の作り方」を紹介させていただきます。 「燗酒はちょっと苦手」と言う方も、このやり方で飲んでみると、考えが変わるかも知れません。ぜひ、お試しください。

國府田宏行 監修
プロフィールはこちら

熱湯に短時間徳利をつけるのがコツ!


お酒を徳利の九分目まで入れます。

【ヒント】
徳利のそそぎ口にラップをすると、 お酒の良い香りの成分が飛びません。


鍋などを用意して水を張り、
そこにお酒の入った徳利を鍋に浸します。
徳利の半分まで浸かるように水の量を調整します。


徳利を取り出してから
鍋の水に火をかけ、沸騰したら火を止めます。

火を止めた鍋に徳利を浸します。

【ヒント】
「ぬる燗」にしたいからと、40度くらいのお湯で燗をしようとすると10分以上かかってしまい、しかもアルコール分が飛んでしまいます。なるべく短時間(2~3分)で燗にするのがコツ。


お酒が徳利の口まで上がってきたら、 徳利を持ち上げます。

中指を徳利の底に当ててみて、やや熱いと感じたら、ちょうどいい燗になっています。 ※徳利の素材、厚みによって差はあります。

【ヒント】
一般に「上燗(45度)」くらいの温度がおいしいと言われることが多いですが、燗の温度は人によって好きずきですので、いろいろ試してみてご自分の好みを見つけるのも燗酒の楽しみでしょう。

電子レンジで燗酒

電子レンジは急に温度が上がるので、あまりお薦めはできませんが、もし電子レンジをお使いになる場合は、徳利の口をラップなどで覆って加熱して下さい。

お酒1合(180ml)の場合、約40秒(※500W電子レンジ使用時)加熱すると、人肌燗程度に温まります。

【ヒント】
レンジで温めると、徳利の上部と下部で温度差が出ますので、20秒ほど温めてから一度取り出し、徳利を振って中の温度を均一にします。再度レンジに入れ、自分好みの温度になるまで調整しながら温めるのがおすすめです。

燗の温度で、香りと味わいの違いを楽しみましょう

飲み頃
温度
徳利など温度のめやす 香り・味わい
日向燗(ひなたかん) 30度 温度の高さを感じないくらい ほんのり香りが引き立つ
人肌燗(ひとはだかん) 35度 さわると温かく感じる 味にふくらみがある米や麹の良い香りがする
ぬる燗 40度 熱くはない程度 香りがよく出る
上燗(じょうかん) 45度 注いだときに湯気が出る程度 引き締まった香りを感じる
熱燗(あつかん) 50度 徳利から湯気が生じるさわると熱く感じる キレの良い辛口 香りがシャープになる
飛びきり燗(とびきりかん) 55度 徳利を持つと熱いくらい シャープな香りで、より辛口になる
日本酒は、お酒の性質や温度帯によってさまざまな味わいが楽しめます。
少し手間をかけて丁寧に温めると、ふっくらとした味わいの燗酒ができます。 「燗酒はちょっと苦手…」という方も、ぜひお試し下さい。

燗におすすめのお酒

  • 冴えた辛口の中に、しっかりとした旨味が乗っています。冬は燗で、ぜひお愉しみください。

  • 燗にするとコクが強まり、ふくよかな旨味が広がります。「燗上がりは菊水いち」と評判。

燗酒よもやま話

燗酒の始まり

お酒を燗にして飲む風習は意外に古く、縄文後期には、底が尖った土器を熱い灰に突き刺し、酒を温めていたと言われています。平安時代になると、貴族たちは秋から翌春まで燗酒を愉しんでいたようです。庶民が酒を燗して飲むようになったのは、江戸時代の中期あたり。江戸初期の儒者、貝原益軒が著書『養生訓』に「凡そ、酒は夏冬とも冷飲、熱飲よろしからず温酒を飲むべし。」と記した影響が大きかったとされています。

燗酒の良さ

燗酒の良さは、冷やではわかりにくい複雑な綾織のような日本酒の味わいを引き出すことです。口に含めば「ふくらみ」を感じ、喉に送ればその深みのある味わいに心を揺すられます。それに、冷やだとどうしても飲むペースが速くなりますが、燗をした酒はそんなに速くは飲めません。しかし、すぐ吸収されるため酔いのまわりは速くなります。気をつけて、お愉しみください。

燗酒の誤解

燗酒は飲んですぐ体があたたまるので「暖房飲料」と考えている方が多いようです。しかし、アルコールは、体の中に入るとひとりでに燃える性質があるので、冷やで飲んでも体はやがてあたたまってきます。ただ、体温と同じくらいの温度になってから吸収されるので、燗酒よりやや遅れてあたたまるだけなのです。

燗酒の害

燗の温度は好きずきですが、50℃近い「熱燗」にすると、酒がとても辛くなり、味のバランスが崩れてしまいます。それだけでなく、熱燗ばかり飲んでいると、強い酒をストレートで飲むのと同じくらい食道や胃壁に悪い刺激を与えるという疫学調査もあります。熱燗を続けるのはほどほどに、「ぬる燗」や「上燗」あたりを悠々とお飲みになっては…。