菊水ニュース一覧


2023年12月10日

大吟醸造りが始まりました

今年も、鑑評会に出品する大吟醸の酒造りが始まりました。
原料となるお米は、精米所で精米歩合40%まで磨かれた後、蔵で仕込みに使用します。

今年のお米は、夏の暑さの影響で例年に比べて硬く割れやすい傾向に。​​​​
蔵では、お米の性質を見極めながら、目標となる品質のお酒に仕上がるように 蔵人たちが日々考えながら酒造りを行っています。

以下の画像は、二王子蔵の米麹造り2日目の切盛りという作業の様子です。



2日目の朝、カチコチになった蒸米の塊を木の道具と手でほぐします。



切返機でさらに細かく粒ごとにバラバラにした後、木の容器に均等に盛っていきます。



この後、お米の温度や香り、見た目の変化を確認しながら、泊まり込みで管理していきます。


 

【蔵見学について】
もう一つの蔵、節五郎蔵は無料で蔵見学ができます。見学通路からガラス越しで蔵の中をのぞきながら、社員が丁寧にご案内いたします。併設する菊水日本酒文化研究所もご覧いただけます。ぜひお気軽におこしください。

蔵見学詳細・ご予約⇩
https://www.kikusui-sake.com/home/jp/labo/
 

【SNS菊水酒造公式アカウント】
菊水の最新ニュースはSNSをご覧ください!菊水酒造に関する出来事や面白いコトを発信しております。ぜひ覗いてみてください!

 
⇧アイコンをクリックすると、菊水酒造公式アカウントへジャンプします

商品情報

節五郎 出品酒

“次の一口をまた飲みたい” そう感じさせる菊水自信の一本です。 -->

商品情報へ

最新のニュース

2024 15

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

2023 31

2022 18

2021 14

2020 23

2019 7

2018 3

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

2017 1

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12