ふなぐち菊水一番しぼり

忘れられない旨さ。
フレッシュでフルーティな旨口。

かつて蔵でしか飲めなかった酒。

門外不出。かつて「ふなぐち」は酒蔵に来た方だけに振る舞っていた特別な酒でした。その旨さは、おかわりを求められ評判を聞きつけた人が後を絶たなかったほど。しかしそのデリケートさゆえ、品質の保持が困難で市場へ出荷するなど無謀なことと考えられていました。しかし菊水は持ち前の進取の精神で挑みます。すべての工程を見直し、幾多の試行錯誤を経て日本で初めて缶入り生原酒の商品化に成功します。1972年(昭和47年)11月。開発から3年の歳月が経っていました。

搾りたて生原酒ならではの酒銘。

「ふなぐちってどういう意味ですか?」。いまもよくお客様から頂くご質問です。
「ふなぐち」の名は酒造りの現場から生まれました。
発酵を終えた醪(もろみ)を、清酒と酒粕に分離するところを、酒槽(ふね)といい、この酒槽の口から流れ出る清酒を、菊水では「ふなぐち」と呼んでいました。それは火入れ(加熱処理)も割水もしていない、しぼったままの生原酒。この酒本来の味わいを詰めたことから、「ふなぐち」が酒銘となったのでした。

評判が評判を呼んだ酒の味。

容器からは想像もできないほどの、ほとばしる鮮烈な旨みと爽やかな喉ごし。そのフレッシュでフルーティな旨口は、日ごとに進む熟成により、角がとれたまろやかさを帯び、さらにブランデーのようなコクをのせ、やがて中国の老酒を思わせる味わいへと移り変わります。しぼりたての味わいは然ることながら、熟成の具合で違う趣きに出会える奥深さも、生原酒ならでは。
冷やして飲むのがお薦めですが、ロックや炭酸割も一興です。

累計3億本。 誰が呼んだか「コンビニ最強酒」。

即席カップ麺の元祖の誕生、ファーストフードチェーンの先駆けが日本一号店を出店。日本の食卓に大きな変革がもたらされた1970年代初頭、日本酒の常識を覆す姿カタチで誕生した「ふなぐち」。お客様が飲みたいと思う時、気軽に買える日常酒を目指し、今やTwitterで「コンビニ最強酒」として愛される存在になりました。たくさんのお客様に飲み支えられ、2017年11月には累計出荷数量3億本(※)を突破。ずっと大切にしてきた「身近であること」へのこだわりは、誕生から45年を過ぎた今も、ずっと変わることはありません。
※2017年11月現在。1972年10月~2017年11月。ふなぐち菊水一番しぼり200ml缶のみの総出荷量。

ふなぐち菊水一番しぼり

ほとばしる旨さ、濃厚な味わい、しぼりたての生原酒。

昭和47年の発売以来、毎日の晩酌はもちろん旅行や山登りといったアウトドアまで、いつでもどんな場所でも楽しめるお酒として皆様に愛されてきました。フレッシュな果実のような 香り、コクのあるしっかりとした旨みが織りなす豊かな味わいをどうぞお楽しみください。

[ 商品の特徴 ]
●本醸造 生原酒 ●コクのある旨口 ●精米歩合70% ●アルコール19度●新潟県産米100%使用

  • 200ml缶

  • 1,000ml缶

  • 720ml

  • 300ml

  • 1,500mlスマートパウチ(新発売)

容量 参考小売価格(税別)
200ml缶 265円
300ml 440円
720ml 1,102円
1,000ml缶 1,229円
1,500mlスマートパウチ 1,988円

[味わいマップ]

[飲み頃温度]

肴この一品
濃醇で旨味たっぷりのふなぐちは、個性の強い料理によく合います。いかの塩辛などの珍味と合わせると、お互いの個性が調和します。

材料(2人分)

●鶏もも肉(骨付き)…600g
●塩…大さじ1
●ふなぐち…150ml
●鶏の蒸し汁…150ml
●飾り…木の芽、キュウリスライス
  1. 鶏肉に塩をすりこみ4~6時間置く。
  2. 鶏肉を深めの耐熱皿にのせ、蒸し器で約15分強火で蒸す。
  3. 蒸し上がったら、鶏の蒸し汁を漉してボウルで冷やし、ふなぐちを加えて混ぜ合わせる。
  4. フタをして冷蔵庫で1日おく。

材料(2人分)

●ホタテ貝柱…3個
●みつば…適量
●玉ねぎ…中1/2個
●薄力粉…1カップ
●冷水…150ml
●卵黄…1/2個分
●塩…適量
●山椒塩…(山椒の粉と塩を各適量合わせたもの)
  1. ボウルに卵黄と水をよく混ぜ合わせる。片寄で薄力粉を入れ、箸で粗く溶かす。
  2. みつばを3cm幅に切る。玉ねぎは薄いくし型に切る。
  3. 2とほぐした帆立貝を入れ、1人前ずつ小ボウルに衣を入れ、混ぜる。
  4. 揚げ油を170度に熱し、さっくりと揚げる。熱いうちに塩を振る。山椒塩を添える。

材料(2人分)

●牛たたき用肉塊(モモ)…250g~300g
●塩…少々
●酢…少々
●ふきのとうの花…2個(回りの汚れた葉を落とし、苞は1枚ずつ手ではがして花を刻む)
●そば米…大さじ1
●味噌…(信州味噌30g、砂糖小さじ1、酒小さじ1)
●油…小さじ2
●飾り…菊の花、すだち輪切り
  1. 蕗味噌を作る。鍋に油、そば米を入れ火にかける。パチパチしてきたら、蕗の花を入れる。蕗の花に油が回ったら、味噌を加えて酒でなじませて、砂糖を加える。
  2. 牛たたきを作る。牛肉はしっかりと塩を振り、網焼き器で表面を焼く。熱いうちに酢をかけて手のひらでたたき、ホイルでくるむ。冷めたら5mm幅に切る。
  3. 器に牛のたたきをのせ、蕗味噌を添える。

無料会員募集中無料会員募集中 ふなぐち倶楽部